スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
43年ぶり
昨日の株式市場は、結局43年ぶりの10営業日続落となった。

43年前の1965年は未曾有の証券不況で、当時、山一證券は破綻寸前だったが、ときの田中角栄蔵相の決断で日銀特融を受け、危機を乗り切ったという歴史がある。

久しぶりに、ウィキペディアなどでそのあたりの経緯を読むと、元社員としては見知った名前が出てくるので興味深い。

鳥居

と、同時に、もし、会社選びをする際、こんな話を知っていたら、はたして入社を決めていただろうか、と考えてしまう。当時ネットはなかったが、真剣に仕事選びをするのなら、図書館にでも行って調べることは簡単にできただろう。

でも、歴史に“もし”はない。

それに、調べた末の選択が成功か失敗かは、それこそ後年、歴史として検証しないとわかりようがない。そもそも、何をもって成功か失敗かというのも、簡単に見極められない。

山一に入ったこと、証券業界で働いたことが失敗だったとは決して思っていない。むしろ、得難い経験ができ、イイひととも知り合えたと思っている。

身近な歴史を振り返るのは、なかなか面白い。
memory comments(2) trackbacks(0)
1975年の蘭ちゃん
「水トク!番組発生40周年記念!8時だヨ全員集合SP」

蘭ちゃん

うーん、40年前はさすがに覚えてないけど−−
33年前の蘭ちゃんは、シッカリ覚えてる。

でも、「8時だヨ全員集合」って…
memory comments(3) trackbacks(0)
才能の価値
昔のほうが、イイ感じの写真を撮ってた−−
って思えるのも、なんだかなあ〜

▽2005年11月撮影

睡蓮

爆笑問題が各分野のオーソリティと対談するNHKの「爆笑問題のニッポンの教養/愛と幻想の価値論〜経済学 橘木俊詔〜」が面白かった。今夜は、公共経済学という聞いたことのない学問の教授が相手だが、なんだか居酒屋の会話みたいだった。絶対的な答えはないのにね。

バブル時代「お金が一番大事」という価値観に違和感を感じたという太田が熱くなって「金なんか要らない。できるんだったら、お笑いの才能を金で買いたいとは思う」と言っていた。

確かに、才能という無形のものが彼の求めるものなんだろうなあ。金に執着はなさそうだ。なんとか「笑い」を極めたいのだろう。普段とぼけたことばかり言っているけれど、けっこういろいろ考えてるもんだ。

私も、絶対、才能が欲しい。文筆やら写真やら。
そして、その才能にお金がついてくればなおウレシイ。
って、やっぱり俗っぽいなあ…
memory comments(2) trackbacks(0)
発掘品
以前のエントリーやweb日記をけっこう頻繁に読み返す方だ。
だって、そもそも日記として書いているのだから…

“ひらかずの段ボール箱”から発掘した昔のデジカメ愛機を久しぶりにさわって、あー、どんな写真を撮ってたかなあー、と過去のweb日記を読み返してみた。

以前の写真はITの進歩の関係でやはり解像度が低い。
1990年代のweb日記のは最近の半分くらいの大きさ。

でも、写真は丁寧にレタッチしていたし、テキストも何度も推敲していたなあ、と懐かしい。90%以上の写真とテキストをちゃんと覚えている。

10年、20年後に、今日のこのエントリーを覚えていられるだろうか?
さあ、どうだかなあ…

old car2006年5月に撮った写真。お台場の対岸、芝浦あたり。

そう遠くないエリアで、川田アナが発見された…
memory comments(2) trackbacks(0)
FinePix 700
ほんの少しだけ部屋を片付ける。
まったく、いったい何年がかりでやってるんだか。
大発掘プロジェクトかっ、ったく、とわれながら突っ込みたくなる。

FinePix 700昔の愛機だったデジカメが出てきて懐かしい。特に平成10年発売のFinePix700は思い出深い。当時のキャッチコピーは「150万画素でクラス世界最小・最軽量」

縦型というユニークなデザインで今見てもカッコイイ。当時は小さくなったなあと思ったものだが、最新機種に比べるとやっぱり大きなサイズだ。

画質はディスプレイで見たり、web日記で使うぶんには十分だった。価格は10万円くらいじゃなかったか。六本木ミッドタウン東京のフジフィルムサロンに歴代の名機の一台として飾られている。

この機種を使い始めて、がぜんストリートフォトが多くなった。散策の距離もぐっと延びて、以降、現在に至るまでの撮影スタイルの原点となった。

すでに売りようもない代物なので、このまま保存しておく。
棺桶に入れてもらいたとは思わないけれど、それなりに思い出が詰まっている…
memory comments(2) trackbacks(0)
三人の想い出
週末の深夜、ZARDの特番が流れていた。5月27日が一周期だったのだ。先週は川田アナの自殺や江東区の女性行方不明事件などに報道が集中し、まったく取り上げられなかった。

去年の坂井泉水の転落死も、目撃者がいないので真実はわからないけれど、なんとも不自然な感じがする。入院中の病院の非常用スロープの手すりから墜ちるって。

ZARDは熱烈なファンとはいえないけれど、「揺れる想い」「負けないで」は好きでアルバムを持っている。そういえば、本田美奈子もTVで見た闘病の様子に涙し、病室で唄っていた「アメイジング・グレイス」をiTunesで買った。

川田アナには歌がない。YouTubeの動画くらいか…

girl
memory comments(4) trackbacks(0)
上野 聚楽台
日本仏教彫刻の最高傑作のひとつとして知られる薬師寺金堂の日光・月光菩薩立像(国宝)がそろって寺外で初公開されている「薬師寺展」を見ようと上野にでた。

しかし、連休明けにもかかわらず中高年(私もりっぱな中年オヤジだけど…)が大挙してやってきており、チケット売り場に「場内は大変混雑しております。ご了承下さい」という立て札がでていた。去年の「大徳川展」と同じ状況。きっと、おじいちゃん、おばあちゃんが拝み倒してることだろう。さすがに滅入るので、今日はパスする。

仕方なく、上野駅前にある昭和の面影を残す大衆食堂「聚楽台」を撮る。建て替えのためすでに営業は先月下旬で終わっているので外観だけ。上野駅前の一等地にあり、いつでも入れると思い何十回も素通りしていたが、結局、一度も入店しなかった。ちょっと惜しい気もするけれど、まあ江戸っ子芸人のようにそもそもノスタルジーはない。

まさに、いつまでもあると思うな、なんとやら、だ…

托鉢のお坊さんが静かに佇んでいた。
お布施って一度してみたいのだが、今日もためらってしまった…

聚楽 左聚楽台托鉢
memory comments(4) -
<< | 3/6 | >>