スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
two faces
ブログ以前のウェブサイトのほうが、テキストも写真も引用も、みなしっかりできていた。一年間の休養で蓄えたエネルギーを3カ月間で放電してしまったなあ…

two faces

<2005年のWeb日記より>

 人間は仕事をするために生きているのではない。
 仕事をしないために生きている。
 それが、人間だけの目的、幻想だと思う。
 「働かざる者食うべからず」は低級で危険な現実だ。

 −目立ちの定理
 自分が目立ちたいと思うほど、他人が羨ましい。

 −羨ましいの定理
 自分の成功は過程に価値を持たせたいのに、他人の成功には結果に価値を見い出す。

  −−森博嗣の定理集 HP「浮遊工作室」
memory comments(2) trackbacks(0)
昭和史
「昭和ブーム」というのは一段落したのだろうか。自分や家族の誕生年くらいは買おうかなあと思っていた一年ごとの出来事を集めた雑誌も30年代あたり以降は出尽くしたようだ。

satothingさんの路面電車の写真やらポン助さんの六甲山みよし観音(昭和39年日東航空旅客機事故でのスチュワーデスを讚えた像)のエントリーなどを読んで、昭和史を探ったら「昭和戦後史」なるサイトを見つけた。

へえー、誕生年の元旦に「メートル法」が施行されていた−−
って、どんだけ昔なん!という気がしてきた…

京都駅
memory comments(8) trackbacks(0)
放浪へのあこがれ
早くも眠りが浅くなってきた−−

加齢で睡眠時間が短くなるのは一般的だが、眠りの浅さは睡眠時間とはあまり関係ない気がする。眠りが浅くなり、といって長く寝床にいられない、って最悪だ。

昨夜は、いったい何度、寝返りをうっただろう。
覚えていない夢を見た記憶だけが残っている…

sleep

東京ローカルのMX TVで、毎夜、再放送していた「マッハGoGoGo」が終わった。
このアニメ、主人公はレースで世界中を転々とする。製作時の40年前といえば、海外旅行は庶民にはまさに高嶺の花だった。感覚的には今のファーストクラスよりはるかに遠い世界だと思う。

車への憧れ、海外旅行への憧れ−−何より、自由な大人への憧れがあった。

せっかく国際免許を取ったのだが、有効期間は一年間で来年6月に切れてしまう。せめて昔のように「マッハGoGoGo」のオープニングテーマを鼻歌で唄うしかない…
memory comments(2) trackbacks(0)
タイのクーデター
Lovers

タイのクーデーターはけっこう慣れっこなのだが、やはり友人が心配だ。山一時代の仕事絡みで知り合った同い年の女性で、米国留学時につき合い始めたタイ人に嫁いでいる。

どうしてるかなあ? どこかに連絡先の電話番号があったはずなんだけど。
部屋中をひっくり返して探しだそう…
memory comments(2) trackbacks(0)
フォーチュン・クッキー
昨日、懐かしいエリアを歩き回ったので、夢を見そうだなあと思ったら、やっぱり昔いっしょにディーリングした後輩が夢に出てきた。彼とはニューヨークでの研修時期も重なり、男二人でチャイナタウンやインド料理などに行ったものだ。

昭和通り

チャイナタウンでの食事の最後に三角形のクッキーが出てきて、ふたりでなんだろうと恐る恐るかじってみると、なかから短文が書かれた細長い小さな紙が出てきた。いまいち意味のよくわからない抽象的なものだったことだけは覚えている。へえ、と二人で面白がったのが懐かしい。

それがフォーチューン・クッキーというのだと知ったのはかなり後になってからだった。

風の便りでは、破綻後、彼は金融とはまったく違う道を進んだと聞く。いずれにしても、もう10年以上前のこと。メルアドやケータイを知っていれば、久しぶりに会いたいところだが、知人に聞いてまわるほどでは…

夢では昔のままで出てきたけれど、実際は変わってしまっているだろう。
私がそうであるように…
memory comments(2) trackbacks(0)
田舎の映画館
最近、映画といえばシネマコンプレックスばかりだけど、田舎の「懐かしの映画館」というのも風情があってイイ。都内にはもう少なくなってしまった。

写真は春に観光した伊東。まさに、本場の「伊豆の踊子」
ローカル線の旅行は夏場がイイ…

伊豆の踊り子
memory comments(0) trackbacks(0)
熱帯夜な街
「トトロ」がオンエアされると“パブロフの犬”のごとくチャンネルを合わせてしまう。DVDを買ってもこうは観ないだろうに。いや、DVDを持っていてもやっぱりオンエアを観てしまうんだろうなあ〜 やはりジブリに洗脳されている…

4年前に引っ越してきたころは真夏でも夜ならエアコンが要らなかった。網戸から気持ちのいい風が通り、カーテンが静かに揺らいでいた。月夜にトトロといっしょに踊りまくる夢でも見そうなくらい、毎夜、安眠できたものだ。

car

ところが、年を追うごとに暑くなり、いまやエアコンのスリープタイマーが切れるとすぐに目が覚めてしまう。発汗のせいでカラダを無意識に掻きまくり、今朝は首の周りが赤くヒリヒリする。天花粉が必要って、子供かっ!

地球温暖化を確実に痛感する。

頑張ってエアコンを我慢すると、少しは温暖化対策になるだろう。
でも、体中赤くして、睡眠不足になるのもイヤだしなあ…
memory comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/6 | >>