スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
蓄えと使い道
非常に忙しかった。ランチタイムも15分でかきこみすぐ戻らざるを得ない。

前職でのホッチキス連打ほどではないけれど、いまの状況は経営側の視線で見ると時間単価に合わないと思う。私より覚えも要領もイイ若手がいくらでもいると思う。なぜこういう状況が多いのだろう。結果には原因がある。きっとなにかがあるのだろう…

これまでずっと時間単価でいくら稼いでいるかを考えてきた。しかし、そろそろこれまで蓄積したもの(それはお金でもあり積んできた経験でもあり自分で考えた人生訓の諸々だったりする)をどれだけ生かして残りの人生を有意義に過ごすかを考えるべきときだ。

今夜のNHK「そのとき歴史は動いた」は江戸川乱歩。読書の原体験が小学校の時に読んだ江戸川乱歩の少年探偵団。いま思い返しても、極めて大きな影響を受けたといえる。

乱歩の作品はほとんど読んだのだが、彼の生い立ちは40年間ほとんど知らなかった。もちろん才能もあったのだろうが、戦争など紆余曲折を経ながらも一貫して探偵小説という軸を失わなかったところが凡人との違いだ。

自分を省みると、軸がブレないどころか軸そのものがいまだにちっとも意識できない。本当に自分のしたいこと、“自分の山”のふもとにすらまだたどり着いていない。優れもののEZナビウォークでもさすがにそこへの道は見つからない…

studio
determination comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








江戸川乱歩って明智小五郎とか少年探偵団くらいしか浮かんでこない 本名は平井太郎 うーん 推理作家らしからぬどこにでもありそうなお名前(笑) 15分で昼ごはんって 実質5分でご飯食べたの?消化不良おきそうやね 忙しさが目に浮かぶようでー 派遣社員の問題 正社員の問題 会社の生き残りをかけた行動 などなどが噴出していて日本のかっての終身雇用 社員は家族 的なよさがどんどん消えてしまって殺伐とした環境だけが残っているね 誰の責任?なんやろか そこらあたりを考えると虚無感に陥るようで
from. 平井太郎 | 2007/05/17 07:45 |
よくも悪くも農耕民族型から狩猟民族型に移行しかかっているんだと思う。われわれ世代は農耕民族型をずっと引きずってるけど、若い世代はどんどん漁場(会社)を移って、獲物(お金)を取ることにためらわない。時代の移り変わりだと思うよ。それが良いのか悪いのかは、20年、30年後にならないとわからないんじゃないかな。われわれは生きているかどうかも怪しい…

件の番組では江戸川乱歩の肉声も流れていた。爽やかでスマートな声と喋り方をしてたなあ。おどろおどろした作風からは想像付かんわ。
from. kk | 2007/05/17 23:59 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kk4u.jugem.jp/trackback/627
<< NEW | TOP | OLD>>