スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
清方ノスタルジア
美人画の巨匠、鏑木清方展を観る。この人の美人画は本当に素晴らしい。さすがに平日でガラガラだったので、何点かの作品の前ではしばし見入ってしまい、身体的には少々疲れてしまった。後日、鎌倉にある記念美術館もぜひ観てみたい。

昨日、無駄足になったのだが、六本木エリアの三つの美術館(サントリー美術館、森美術館、新国立美術館)は火曜日が休館だと。横浜美術館の木曜休館とともに間違いやすい(多くの美術館は月曜が休館)

清方ノスタルジア

サントリー美術館へ向かう途上、押尾容疑者の再逮捕で大騒ぎになっていた麻布警察署の前を通る。今日はさすがにメディアは一人もおらず、いたって静かなものだった。
art comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








kkさん、お早う!

面白いですね!
行きたいですけれど、遠いですね。
ネットで見られますか。
出来たら、便利だと思います。
from. London Caller | 2009/12/09 20:43 |
London Callerさん

もちろん、好みの問題ですが、鏑木清方は良いですよ、お勧めです。
Googleなどでも多数の画像が見られます。できれば直に観られるが良いのですけどね。
from. kk | 2009/12/09 21:19 |
鏑木清方、良いですね。
行けるものなら僕も見に行きたいです(全く無理ですが)。

もっとも、こちらでも見るべき絵画など沢山ある訳ですが、仕事と子供が小さいのでいまいち絵画鑑賞と言う風にならなくて、なかなか美術館からは足が遠のいています。
欧州は入場無料の美術館が多いので、行かないのはもったいない話なんですけどね。
from. Dr Ken | 2009/12/10 05:56 |
Dr Kenさん

欧州でイイなあと思うのはやはり美術と音楽です。何しろ本場ですからね。80年代に短期間滞在した際は何度かコンサートに行きました。CDでしか知らなかった巨匠の生演奏が、安価に聴けて素晴らしかったです。いまでは多くの巨匠が故人になってしまい、寂しいですが、良い思い出です…
from. kk | 2009/12/10 10:53 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kk4u.jugem.jp/trackback/1758
<< NEW | TOP | OLD>>