スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
終わりが見えた
一昨日オフィスの別のフロアーで新型インフルエンザ患者が二人でたというメールが入った。ビルとしては二例目。で、昨日は朝からノドの痛み、頭痛、カラダの怠さがあり、すわ感染したか、とビビる。夜は総合感冒剤を飲んだら定番のソファーでのうたた寝になってしまった。つけっぱなしのTVで五輪で東京が落選したのをかすかに聞いた覚えがある。

PL顆粒のおかげか、ぐっすり眠れたのが良かったのか、今日は発熱もなく、インフルでも単なる風邪でさえなかったようだ。終わりを決めたら、やっておくことはたんとある。これまでダレてただけに急に仕事を頑張り始めたから、久しぶりに知恵熱が出たのだろう。我ながら、やわい。

H
子宮頸癌ワクチンの認可、五輪招致、米国雇用統計後のマーケット等など書きたいことはたんとあったのだが…

番組改編期で特番が続いている。ちらっとだけ見た爆笑問題MCのとあるプログラムが面白かった。「なぜ人はキスをするのか?」「なぜ金もうけは卑しいのか?」などの命題を芸能人パネラーがプレゼンするという構成。

「なぜ金もうけは卑しいのか?」という命題を見たのだが、藤田朋子のプレゼンは「イヤだからイヤ」というわけのわからないものだった。爆笑問題太田が「もっと論理的にやりましょうよ」と言っても通じない。カラダを動かし汗水垂らして給料を稼ぐのが“あるべき姿”であって、パソコンに囲まれた部屋でのクリックだけでするマネーゲームは卑しい、というようなことを主張する女性漫画家もいたりして、笑ってしまった。

米国人のトレード本の著者は、専業トレーダーだったころ人に職業を聞かれた際「難治の○×病に罹っているのです」と答えていたとある。パチスロで食べている人と専業トレーダーにどんな違いがあるのか−−いろいろ思うところはある。でもそんなことはどうでもイイ。それぞれがイイと思う人生を歩めば良いのだから。自由国家なのだから。

日本人はその善し悪しを考えることなく社会通念をだれかれなく押し付けようとするキライがある。感情的発想は女性により強いけれど、男性も世間体を大いに気にする。職場で女性相手に何度か面倒なことになった経験がある(もちろん、色っぽい話ではない) なるほどね、「男と女の間には、深くて暗い河がある」という懐メロの通りだ。別に私の発見じゃなく、昔から言われていることなのだ。
determination comments(5) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








仰せの通り、女性は理屈じゃない人が多いですね。良く云えば感性(場合によっては感情)が優先でしょうか。

知りもしないのにあーだこーだと部外者に仕事のことを言われるのは、気が悪いですよね。医者も儲けているだろうと思っている人が世間では多くて、僕も高収入だと勘違いされる事が多いです。高校の同級生とかでも、「金がないから一時帰国しない」といっても、「医者なのになんで?」という事は良く云われます。同い年ならば銀行マンの方が大学にいる勤務医よりも収入はずっと多いですし、ましてや研究者となると言わずもがな、です。

やりがいや充実しているかどうかと、収入は価値観に拠って正の相関関係は必ずしも真ではないんですね。

from. Dr Ken | 2009/10/04 09:14 |
やはり職業のもつイメージってありますよね。
職場で部下に女性が複数いる場合は苦労しますね。
女性は絶対的基本として平等でなければいけませんから。
何もかも=(イコール)でないと女性同士のこわーい戦いが・・・。
from. Adelie | 2009/10/04 10:25 |
Dr Kenさん

私も医師の友人にいろいろ聞きます。勤務医は確かに専門職のサラリーマンですし、それなりに収入は多いにしても時間給で考えると金融や大手メーカーと比べて突出して高いとは思わないですね。新規開業もたいがい何千万円も借金しないとなかなかできないというし、金銭的なリスクが大きい職種ですね。

で、問題はやりがいや充実度との兼ね合いですね。勤務医は激務だし、開業には大きな資金繰りがついて回る。さらに、肝心の本業では医療訴訟のリスクも高まってますし、外科を目指す若者が減っているというのもむべなるかなですね。仕事って、お金って、いったいどう考えていくのが良いのか悩ましいです。

でも、考えてるだけでは仕方がなくて、自分がイイと思う方向へ動いてみるしか方法はないわけで、Dr Kenさんのようにマイウェイを進まれてるのは素晴らしいと思います。


Adelieさん

Adelieさんはいろいろご経験されてるようですね(笑) 私は仕事での女性とのかかわりが少なかったので、まるで「未知との遭遇」です(苦笑) 長年、女性陣を率いている友人がいて「平等に扱うのはもちろん、そのことを各人にわからせないといけない」と同じようなことを言ってます。一応ハウトゥーはあるんだと理解はできますが、実践する気にはもうなれないです(笑) そういう気持ちの見極めが、人生の選択なんだと思います。
from. kk | 2009/10/04 12:49 |
ゴールがみえると強い人間もいれば、逆に弱い人間もいるみたいやね
私などは後者も部分もあるかな〜

メンタルで職場異動を希望する社員がいて、異動可能な時期が明らかになっていると、結構頑張れるけど、いつのことやらわからない場合には辛いねー 

女性が理屈ではないことは、私の身近で証明されている 理系の人間で、普段は理論だった話をするくせに、最後は感情暴走やからねー 

中川昭一の死因は心筋梗塞と家族は説明しているらしいけど、病理解剖で死因不明といわれているのやけどね 

吐いた跡があるというから、アルコール溺酔+民剤 嘔吐 窒息?でもそれなら解剖したらわかるか〜 

この人個人的には好感持っていたので 残念だな

そうはみえなかったけど 東大法学部だって プレッシャーには強くなかったのやね
from. ポン吉 | 2009/10/05 12:41 |
ポン吉さん

木曜、金曜あたりは頑張れちゃう「週末努力」というのがあるよね。ゴールが見えないのはキツイだろうね。職場異動を希望という時点で、すでにネガティブシンキングになってるだろうし。

中川さんもそうだけど、本人の思考は本人にしかわからないし、へたをすれば本人でさえわからないこともあるからね。自殺の場合、後に残された家族や友人、知人は、なぜ自殺したひとの気持ちを理解してあげられなかったのかと思う。それは、永遠に答えのでない問いだよね。
from. kk | 2009/10/05 21:15 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kk4u.jugem.jp/trackback/1708
<< NEW | TOP | OLD>>