スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
STAR TREK
昨夜は7時過ぎにオフィスを出て、2駅間歩いて六本木へ。レイトショーとなっていて、そろそろ大スクリーンでの上映が終わりそうな「スター・トレック」を観る。

席を取ってから1時間半ほどあるので、アマンドの斜め向かいにある以前からちょっと気になっていた「Rバーガー」に入ってみる。台湾出身者の創業者だが日系だという新参ハンバーガー屋だそうな。中華饅頭をベースにしたもちもちとした白いバンズが新鮮でわりといいかも。

六本木という土地柄、右隣のテーブルにはツーリストらしき黒人男性二人組がいて、左隣は白人男性とアジア系女性のカップル。カウンターの若い女性店員さんは英語が喋れないと勤まらないだろう。

STAR TREK肝心のスタトレだが−−微妙な感じ。期待のJ・J・エイブラムスだったが、個人的には昨年の「クローバーフィールド」にはかなり及ばなかった。ネットのレビューは必ずしも悪くないのだが、日本での興行収入は期待外れだろう。レイトショーとはいえ、週末なのにガラガラだった。やはり外国人が多かった。

ただ、いかにも米国人が好みそうなB級感にあふれていて、それは思惑通りなのだろう、米国では大ヒットしている。宇宙艦隊が舞台なだけに、カークもスポックまでもタカ派的、直情的な行動パターンがアメリカン。もっとも、カーク船長はTVシリーズでも精神破綻気味なので、若かりしころを描いているのだから、血気盛んでも仕方あるまい。

ちょうど日付が変わって劇場を出た。まだ電車もあったが、30分ほどいつものルートを歩いて帰る。中国大使館の周辺には日中と変わらない警備の警官がいた。彼らは徹夜なのだろうか。はたして、北京の日本大使館の警備もこんな感じなのだろうか。
cinema・tv comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








お久しぶりです。
昔は、外国ドラマのTVシリーズがたくさん放映されていましたが
スタートレックはチラッとしか見ていなかったように思います。
今までのシリーズを知らなくても充分楽しめる娯楽作品という前評判に
観てみたくなってましたが、かなりアメリカンな娯楽性なんですね。(笑)
記憶に残ってるよく観た外国ドラマは、「じゃじゃ馬億万長者」「奥様は魔女」「猿の惑星」
そして、なんといっても「チャーリーズ・エンジェル」でした。
ファラ・フォーセットの訃報はショックでした。。。
(ジャクリーン・スミス派でしたが)
from. satothing | 2009/06/28 11:25 |
そうですね、ファラフォーセットの訃報はビックリでした。マイケルと同じ日で扱いは小さくなってしまいましたが、男女を問わず一世を風靡しましたね。同世代の女性の同僚も、あのころはみんな彼女をまねてふわふわの髪にセットしてたわ、っていってました。ちなみに、私はケイトジャクスン派でした(笑)
from. kk | 2009/06/28 17:48 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kk4u.jugem.jp/trackback/1596
<< NEW | TOP | OLD>>