スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
狙われない街
まさに実相寺ワールド。先月オンエアされた「胡蝶の夢」はそれだけを見ても十分楽しめる内容だったが、今朝の「狙われない街」は40年近く前の同監督「ウルトラセブン/狙われた街」を知らないと面白さは半減(脚本の金城哲夫も有名)。当然、今の子供は知る由もなく、親世代に向けた同監督からの40年ぶりのメッセージだ。

思わず2年ほど前に買ったDVDで「狙われた街」を見直した。く、暗い…子供向けとは思えないストーリー。メトロン星人の地球侵略のための壮大な実験というのが、たったひとつのタバコの自動販売機に仁丹のような宇宙ケシの実を混ぜ、人間の脳を錯乱させるというものだ。あまりに地味過ぎるぜ、メトロン星人!

seven急きょ放映が決まり特撮シーンに十分時間をかけられなかったということだが、かえってそれがドラマ性を強調している。真っ赤な夕日の工場地帯のSFXシーンは短いけれどシリーズ屈指の傑作となっており、いまだに夕日を見るとこのエピソードを思い出してしまう。

1967年にしてすでにタバコの害が問題になっていたのだろう。明らかにタバコが悪役になっている。劇中パイロットがコクピットで喫煙したり、ウルトラ警備隊の司令室も禁煙じゃなかったりする。現在ならアンヌは絶対、嫌煙を叫んでいい(もっとも彼女も喫煙者だったのかもしれないけれど)。当時、全世界の成人喫煙率は50%を超えるというセリフも出てくる。メトロン星人の地球侵略作戦も悪くないアイデアだったのかも。

翻って現代のニッポンでは携帯電話が全人口の50%以上に普及。セブンにやられたはずのメトロン星人は生き残っていて、人の理性をつかさどる脳を破壊する電波をケータイに送り込む。しかし、メトロン星人はもはや地球侵略を慌てない。電車の中で平然と会話する人、街中をメールしながら歩いているうちに電柱にぶつかる人等など、便利なものを得て人間はどんどん退化しているという。猿山の静止画と猿の雄叫びがのカットが何度もインポーズされる。

tokyo40年の間、メトロン星人は密かに(というか思いきり地味に)地球を観察、放って置いても人類は“お猿さん化”し、地球はメトロン星人の手に落ちると断定。かつての「狙われた街」も、もはや「狙われない街」となっていた…

って、二本続けて見ると、ありえないくらい面白い。「バック・トゥー・ザ・フーチャー」は当初からストーリーを練った三部作だが、こちらにも40年の年月を経て新たに作ったとは思えないくらいのつながりの良さがある。またまた朝っぱらからニンマリしてしまった。40年前「狙われた街」のエンディングでナレーションが語る“未来”、現代はさらにひどいことになりつつある気がして悲しいけれど…
メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。でもご安心下さい。このお話は遠い遠い未来の物語なのです。えっ?何故ですって・・・我々人類は今、宇宙人に狙われるほどお互いを信頼してはいませんから
−−「ウルトラセブン/狙われた街」
cinema・tv comments(6) trackbacks(11)
スポンサーサイト
- - -
Comment








うわ〜(爆)
ウルトラマンって、実は大人(ヲタク? 笑)向けのヒーローものだったんですね(ΘoΘ;)
40年前の設定には、私も身をつまされるものがありますが(苦笑)←禁煙失敗しました…f(-_-;)
現代の携帯電話の設定もリアリティがありますよね。地味な狙い所が意外に盲点っぽく思えたりするのは、監督のセンスなんでしょうね(o^-')b
ラストのメッセージが、遠い未来の事にはとても思えません(>_<)
from. 蓮根 | 2005/12/12 23:27 |
最近の仮面ライダーとウルトラマンのリメイクには子供よりも親世代が盛り上がってるのでは。仮面ライダーはお母さんウケして、ウルトラマンはお父さんが盛り上がり、子供はキョトンでそっちのけって図式ですか(笑) それなりに子供も楽しんでるみたいですけどね。

私の世代って、団塊と新人類に挟まれ、数も少なくおとなしくて目立たない世代だとずっといわれてきました。一部ではウルトラマン世代なんて呼ばれてますが、それとてあんまり認知されてません(格別、認知されたくもないですが)。今年の“ちょいワルオヤジ”ブームはこれまでのコンプレックスの反動だと分析してます(笑)
from. kk4u | 2005/12/13 17:05 |
“ちょいワルオヤジ”世代(笑)って、VANとかJUNが流行りましたよね?モードとゆうものを大衆化した世代のような気もします(^-^)
あとは元祖ヲタク・三無世代でしょうか?
確かに地味なだけに反動が大きいのかも(笑)

そういえば、一時期俳優の京本正樹が、ウルトラマン世代だとテレビでアピールしてましたよね。
あまりのマニアぶりにビックリした覚えがあります(笑)
from. 蓮根 | 2005/12/13 22:32 |
ははは、京本政樹ね、確かにそんなヤツもいましたね。でも、同世代でも私は引きます(笑) わたし的には「高校教師」の真田広之と同世代だと言いたい(笑) まあ、どっちでも同じやん!という突っ込みを受けそうですが…
from. kk4u | 2005/12/14 00:05 |
『どっちでも同じやん!』ヾ(-_-#)

一応突っ込み入れときました〜('◇')ゞ

いやでも、その気持ちはわからなくもないですね〜(笑)
役者として、“相対性評価の美”と“ナルシズムの美”、かなり極端な二元論ですが、とっっってもわかりやすい喩えですよね(爆)
from. 蓮根 | 2005/12/15 01:17 |
ウルトラマン


from. | 2005/12/19 22:09 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kk4u.jugem.jp/trackback/157
建設用木材置き場で下校中の小学生たちが走り回って遊んでいると「たすけてぇ~、だれかぁ~!」という女性の悲鳴と共に1台のタクシーが走ってきた。後部座席に乗っている女性客が窓を開けて必死に助けを求めている。遠くにはビル建設工事の重機音と共にパトカーのサイ
| ウルトラセブン 遠い記憶の彼方へ | 2005/12/10 23:13 |
対話宇宙人メトロン星人再登場。
| あしたはきっとやってくるさ! | 2005/12/10 23:19 |
マニア様でないワタシでもわかる「ウルトラセブン」ネタ。さすがにリアルタイムで観た
| 枯れ木も山のにぎわい。 | 2005/12/11 00:44 |
ちょっといろいろありすぎて、一言で言い表せないよ!! いや、いい意味でね。  今回は実相寺監督第二弾。タイトルは「狙われない街」。
| UNS digital | 2005/12/11 01:31 |
「ウルトラセブン」の名作のひとつ「狙われた街」の続編として「ウルトラセブン」と「ウルトラマンマックス」の世界が地続きで描かれた、“大きな子供たち”対象作品です。
| 伊達でございます! | 2005/12/11 02:00 |
今回登場の怪獣というか、宇宙人はかの有名なメトロン星人。しっかし、過去に登場作品
| 「千早村・村営M78ファン駅舎」 | 2005/12/11 07:15 |
対話宇宙人メトロン星人登場  #22よりは飲み込みやすい実相寺作品・・・。  でも、DASHはカイトとミズキだけ。  今日は、謎の黒服・メトロンや、楢崎刑事が主役だ。  バードも飛ばないし、マクシュームソードも無い。  ジャンケンで地球の運命を決める
| 子育てパパのブログ日記Next | 2005/12/11 09:32 |
本日放送の『ウルトラマンマックス』第24話のサブタイトルは、「狙われない街」。『
| つばめ飛ぶ 餌を取りては 子のもとへ | 2005/12/11 09:55 |
今回のウルトラマンではメトロン星人がでる、しかも監督は実相寺だというのでずっと期待していたものが放送された。相変わらずの鐘の音に安心する。ウルトラセブン第8話『狙われた街』のアンサーを提示していると見るか。平成セブンでその一部のアンサーは提示されたと
| 蹴球歳時記 | 2005/12/11 17:40 |
ウルトラマンマックス第24話は「狙われない街」 対話宇宙人メトロン星人の登場です。
| Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜 | 2005/12/11 20:38 |
<ウルトラ警備隊>情報労連が隊員募集…環境保全へ2万人超http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000065-mai-soci ウルトラ警備隊募集――。NTTやKDDIなど通信産業の労組で作る情報労連(森嶋正治委員長、22万5000人)が、組合員にこんな呼び..
| 転職したくない窓際中年のリストラ対策 | 2007/07/11 17:53 |
<< NEW | TOP | OLD>>