スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
房総半島横断
上総中野

新しいデジタル一眼レフカメラを買った友人と、千葉のローカル鉄道に乗る。すっかり“カメラオヤジのてっちゃん”をしてしまう。

10時に東京を出て、千葉県の東端、大原へ。ここから、いすみ鉄道に。ほとんどバスのようなディーゼル車でのんびり単線を行く。一番大きな町だという大多喜町で下車、城下町を散策する。すれちがう中学生がみな「こんにちわ」と声を掛けてくれる。田舎はイイ。しかしコンビニやスタバなどあろうはずもない…

一時間に一本あるかないかの列車をタイミング良くつかまえ房総半島の真ん中あたりへ。いすみ鉄道よりさらに本数の少ない小湊鉄道だが、絶妙の乗り継ぎができた。こちらも当然ディーゼル車。1時間の乗車で房総半島の横断路の半分を行き、内房線の五井に着いたのが4時過ぎ、千葉経由で東京に戻ったのは6時をまわったころだった。

列車に乗っていたのは4時間半ほどで、乗車賃は7千円弱。座ってダラダラしゃべっていただけだが面白かった。去年すでに房総半島一周はしたし、これで横断路も制覇。さて、次はどこに行こうか。
travel comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








のんびり鉄道の旅、たまには良いですね。
それでも、7千円もかかってしまうんですね。
電車は僕が小学生の頃の京成や新京成電鉄の車両の様で、懐かしいです。
from. Dr Ken | 2009/02/08 06:25 |
廃線の危機に瀕しているローカル鉄道なので、
30円とか40円のおつりを両替せずに払ってきました(笑)
でも、運賃はなんだかんだでけっこう高いかも。
やはり春休みなどにでるJR乗り放題の青春18切符がいいですね。
from. kk | 2009/02/08 11:21 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kk4u.jugem.jp/trackback/1486
<< NEW | TOP | OLD>>