スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
遺された映像
昨日の報道ですでに知っていたが、川田アナの最後の生放送は『サタデースクランブル』だった。その放送では「富士山の青木ヶ原樹海での自殺」に関する特集があり、たまたまそこだけオンエアを見ていた。川田アナの取材ではなく、彼女に注意はまったくいかなかった。

今日、YouTubeでその録画を見直した。

番組でコメンテーターの大澤孝征弁護士が「自殺のサインを見つけたら、手を差し伸べて」と呼びかけていたのは覚えている。今あらためて見ると、以前の彼女の魅力的な明るい笑顔とはまるでかけ離れた表情をしている。自殺特集のVTRを見ていた彼女の気持ちはいかばかりか…

YouTubeには次々に動画がアップされており、見始めると止められなくなる。
明るく、元気な映像ばかりなのが、かえって痛々しい…

「年齢×壱万円」で好きなことをする「トシガイ」という番組もあった。彼女は米国留学時代のホストファミリーを13年ぶりに再訪する。再会を歓び、再びの別れを悲しみ、笑って、泣いて、番組とはいえ、とても素直な表情が出ているように見える。キャスターへの夢も語っている。

こういう形で映像が残るのって、あまりに悲しい…

sleep

少し睡眠の調子が良くないようで、イームズ写真展で急な睡魔に襲われ、しばし椅子でウツラウツラ。ギャラリーを出てからもすぐスタバに入り、ソファーに沈み込んでしまった。ダルビッシュ似のカッコいいお兄ちゃんと欧米系の英会話オバチャン二人連れに挟まれ、爆睡してしまう。

低気圧接近のせいもあるのか、ブルーな気分が治まらない…
feeling comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








人間の気持ちなんて ほんとちょっとしたことで変わるよね プライドとか羞恥とかやさしさとかさまざまな要因でころころと時間単位でかわっていく ものすごく変化する気持ちを内に持ちながら、表面上は何食わぬ顔しながら社会生活をすごしている 集団生活するには当然の行為 だけど それができない人間は苦悩する できていても徐々に疲れくると破綻する いったん破綻しても環境や体調しだいでまたふっかつする
こんなことの繰り返し 人生に疲れてくると 『ただ生きているだけで 十分』ということを忘れてしまい、表面的な自尊心と羞恥心へのこだわりで 時には自傷行為をしてしまう 後で考えれば その時悩んでいたこと、こだわっていたこと、障害と思っていたこと なんてどうでもいいことだと気がつくことが多いのにねー (かく申す私なんて毎日どころか 毎時間繰り返している ご存知のようにこらえ性がないので瞬間に爆発している 爆発する原因は、起きた事象より 人への気配りのなさ に対してだけどね。
気圧と体調は間違いなく関係があるね エビデンスはしらないけど 頭痛、腹痛、気分の沈み と低気圧って関連がある 
丸むし商店という大阪の漫才師の(最近みないなー)ネタで
校長先生が生徒に『悩み多い高校生に一言 助言しますと言いながら 助言内容は (悩むな) 』:ちゃんちゃん: というのがあって 私はものすごく笑いこけている 高々漫才のネタなんやけど 意外と本質ついている気がしてねー 悩みなんてすぐすぎるから 考えるな と。実際漫才をみていたら結構面白いよ  
from. コッペパン | 2008/05/29 07:03 |
さすが、良いコメントだね。フムフムと読んじゃったよ。

私も本音と建前を使い分けられないタイプなんで、集団生活、組織内での活動というのは苦手だよ。去年までムリして続けて、けっこう危うい状態もあったなあ(苦笑) 日ごろ、あれこれ内省して、どういう状況でも一歩引いて考えるように心がけてるんだけど、それはそれで「もろ刃の剣」で落ち込む原因にもなるしね。

川田アナの映像では、泣きながら仕事の悩みを訴え、細木数子がアドバイスするというのがあった。生真面目で思い込みの強い性格が出てたよ。「私はまったくもてません」って本気で言ってて、さすがの細木数子も苦笑いしてた。

細木は、プロなんだから、職場や仕事ではどんなキャラでも演じればイイ、それができないなら辞めればイイだけ、ってアドバイスしてた。結局、彼女には頭ではともかく、気持ちとして納得できなかったんだろうなあ。そう言われても、泣いてるだけだった。

丸むし商店? 思い浮かばない。Youtubeで探してみよう。
from. kk | 2008/05/29 11:45 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kk4u.jugem.jp/trackback/1087
<< NEW | TOP | OLD>>