スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
イームズ写真展
六本木でチャールズ・イームズ写真展を観る。

Eames20世紀の伝説的な米国のデザイナー、チャールズ&レイ・イームズ。イームズ夫婦といえば特に椅子が有名。オリジナルはもはや美術館級の代物だし、大量生産品にしてもさすがにけっこうお高いものが多い。

ただ、ギャラリー館内に10脚ほど置いてあった椅子は帰宅後調べると43,050円だった。このくらいなら欲しい。座り心地もイイし、脚のデザインはめちゃくちゃカッコいい。

眺めていられる椅子だ。

チャールズ・イームズの写真は芸術作品を狙ったものではなく、彼らのデザインの参考のために身の回りを撮りまくったモノだそうで、わりと普通な感じだった。無類の写真好きだったそうで、それは十分、感じられた。

今週はあれこれ写真展のギャラリーを巡ったが、今日のイームズ展だけが1,000円の入館料がいった。にもかかわらず、お客がいちばん入っていたのは、さすがイームズの知名度だ。
art comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








写真のいす 結構高そうやね このいすが似合うのはやはりヨーロッパ風の家だろうなー 純和風の家には似合わない気がする コンクリートで打ち抜いたレストランにあるいすによくある形だろうか 座ったら気持ちいいかねー?5万くらいの値段かー 難しいところやねー 
from. コッペパン | 2008/05/29 06:40 |
カッコいい椅子だよね。座り心地も「(親指で)グー!」
ギャラリーにあったのは白だったけど、黒もイイ。
どっちがイイかなあ〜、って買う気になってるし(笑)

まず、デザインの聖地、北欧に行ってホンモノに触れよう。
イタリアにも行ってみたくなった。ワインも美味しそうだしね(爆)
from. kk | 2008/05/29 10:55 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kk4u.jugem.jp/trackback/1085
<< NEW | TOP | OLD>>