スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
局アナって!?
今日の「笑っていいとも!」 フジテレビの男性局アナ6人にアンケートするというのがあった。あれこれ質問されていたが、火曜レギュラーのだれかが「フリーになりたいと思ったことがある?」という質問をしていた。だれも「Yes」のボタンを押してなかった。ホントかなあ〜

笛吹雅子夜、食事をしながら日テレの「おネエ★MANS」を初めて観た。TOKIO山口達也と「どんだけ〜!?」 のIKKOなどが押し売りメイクをするコーナーらしい。今夜は日テレ局アナで報道キャスターの笛吹雅子(うすい まさこ)がターゲット。なんと難読。長年「ふぶき」だとばかり思っていた。

40歳未婚だそうで、ファッションチェックでカバンのなかにかじりかけのパンが入っていたり、ブーツやグッズにあまり洗濯してなさそうな靴下が入っていたりと、実に笑わせる。常にテンションが高いだろう報道担当という職場、男性同様いちいち些事にかまってられないのだろう。

でも、彼女の仕草、とてもカワイかった。けっこう、刺さった。さっそくウィキを調べると、奈良県出身、奈良高校卒だそうな。えっー、はるか昔、不合格になった公立高校だ。私服が羨ましかったなあ…

食事をしながらワインをハーフ飲んだ。断酒はムリ。
まあ、家で飲むぶんには、健康がらみ意外はさほど問題ないかな…

一週間振りですっかりほろ酔いになりながら、笛吹アナのしぐさに笑い転げていたが、いつのまにか涙がボロボロ流れてきた。局アナったって、いろいろ。いや、アナウンサーに限ったことではない。人生はいろいろ。長く生きていれば、それだけで人生の幅は広がる。なにも、29歳の若さで自殺しなくても…

木蓮

午後、品川のキャノンギャラリーを出た後、少しウォーターフロントを歩いた。昨日、川田亜子アナが自殺した場所が近い。以前、会社帰りに悩みながら歩いたエリアでもあり、あれこれ思いが頭の中を巡る。

今日はマラー作曲の交響曲第2番「復活」を聴きながら歩いた…
feeling comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








笛吹ってPCではきちんと変換されるぞ って驚いた
このアナウンサーは入社2年目くらいから見ている 昔は長髪のお嬢様アナのイメージ (神戸女学院)だったけど、段々と貫禄がついてきたねー 結構ミーハーというか自意識過剰傾向が(嫌味はないけど)見れるときがある 日本TVの看板アナウンサーって3−4年で入れ替わる 石川なんとか、井田由美、鷹西なんとかの次がこの笛吹アナ 次の候補は豊田順子(まだ若いから無理かも) 現在日テレは人気のアナウンサー多いよね 以前はフジだったけど 西尾ゆかり、馬場典子 私的には山本舞衣子 古閑ようこ などが好感度なんやけど 全員朝の日テレニュース24で見ているアナウンサー(この時間帯は他の放送局は何にもやっとらんから必然的に日テレだけ詳しくなる 笑)
   
from. コッペパン | 2008/05/28 06:34 |
そうか KKさんはK山高校ではなかったのか Ub高校落ちた私としてはだからお互いに大阪であえてよかったジャンかと少しプラスで考える ことにしている まさか落ちるとは思っていなかったけど・・・・・ 
バイザウエイ 変身後の笛吹アナにはとても違和感を感じた もとほ方が絶対いいと思うけどな それにしても40歳でややポッチャリ体形になってまったな
今はNHKのなんとか裕子アナ(身長174センチ 前は大阪NHKにいたのでよくTVで合えたのやけどねー 残念)が一番好感高いなー 
from. コッペパン2 | 2008/05/28 08:59 |
でましたねえ、アナウンサーおたくぶりが(笑) 私はテレビっ子なので顔はすぐわかるんだけど、名前はまったく覚えられない。覚える気もないんだね。雨宮塔子くらいかな、すっと名前が出るのは(笑) 川田アナだってすぐ名前は出なかった。でも、数少ない感じの良いアナだなあと思ってただけに、ショックを受けたわ…

そうだね、おたがい奈良県民だったのに、地元の高校を通り過ぎてわざわざ大阪まで通学するなんてねえ。それも7つボタン制服のお坊ちゃま男子高にねえ(苦笑) まあ、なにが幸いするかわからないけどね。

確かに笛吹アナ、変身途中が良かったなあ。ファンデーションのところは、おー!とビックリしながら見てた。目のまわりのメイクが派手すぎだね。バーのやりてママみたいだったもの(笑) まあテレビ的にやはりビフォー、アフターにできるだけ差をつけたかったんでしょ。やだね、テレビって(苦笑)
from. kk | 2008/05/28 09:49 |
管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2011/11/14 21:39 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>