スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
シュレッダー送り
最終出社の火曜日までバタバタしたくないので、夕方、自席周りの片付けをあらかた済ませる。

短い間でもバカみたいに棄てられずにいた書類を今回はばっさばっさとシュレッダー送り。シュレッダーのゴミ袋を二回取り換えた。そもそも他人の手がけた仕事のプリントアウトなんか、後任者は恐らく見ることすらないだろう。

今日のこの勢いで、自室も片付けよう…

car
lesson comments(3) trackbacks(0)
すべった話
昨夜は日本シリーズのあと「人志松本のすべらない話」スペシャルを観た。傑作選でほとんどすでに聞いたものだったが、やはり面白かった。缶チューハイを飲みながらほろ酔いで見終わり、ソファーから起き上がろうとした際、足がもたつきひっくり返ってしまった。左ひじでカバーしたので、フローリングで思いきり打ち身になり、一夜明けた今もかなり痛い。それでも家の中だったからまだマシだったが、下の階の住人は深夜に何事かと思っただろう。

松ちゃんの「すべらんなあ〜」というセリフをむなしく思い出す…

up
一昨日いつものようにMacに電源を入れ、ログイン画面が出てきた。もう、軽く千回を越えているルーティンなのに−−IDとPassがでてこない。たっぷり二分間ほど頭が白くなった後、ふっと思い出した。同い年の渡辺謙が映画で演じた若年性アルツハイマーとは、きっとこんな感じなのだろう…

頭もカラダも歳相応にへたってきている…
lesson comments(3) trackbacks(0)
もし、私なら…
ワイドショーがいっせいに飛びついたニュース。(結婚)詐欺罪で起訴中の34歳の女性の周辺で複数の男性が不審な死を遂げているという。状況証拠は被疑者の殺害を示すものばかり。真実は今後次第に明らかになるだろう。

ちょっと思ったのは、死亡した男性が被疑者との付き合い(婚前旅行に行くだとか親に紹介するだとか)をブログに書き残していて捜査の材料になっていること。被疑者もなんだかセレブっぽい内容で毎日ブログを更新していたそうで、さっそくワイドショーで読み上げられていた。芸名であろうと人物がすぐに特定される有名人ならともかく、どこにでもいる一般人のブログもこんな風に使われることがあるのだ。

まあ、そりゃそうだ。痴漢冤罪を扱った映画「それでもボクはやってない」でも、家宅捜査でエッチビデオが押収され法廷に証拠品として提出されていた。近ごろの家宅捜査では、パソコンがあれば真っ先に隅々までチェックされるだろうから、ハンドルネームでブログを書いていても簡単に突き止められる。

こんなブログでも、不特定多数の目にさらしているのだし、何かの際には資料にされるだろうことを忘れてはいけないと改めて思う。

wall
とか、思いつつ、今日、会社であったことを書いてしまう。メールに関するグローバルな規制が適用されることになったのだが、どう考えてもナンセンスな内容。なんとかならないのかとITマネージャーに掛け合ったが、あっさり「ダメ」と言われる。

情報漏えい防止を意図しているのだろうが、悪意を持ってすれば何だってできるザルな規制だ。ITマネージャーだってそれくらいわかっているのだが、方針は方針、上司や会社には逆らえないのだ。翻って、もし私がITマネージャーの立場だったら、はたしてルールを無視できるだろうかと考えると、やはりイエスとは言いづらいわけだ。

「ダメ」と言われ、ついムカッとした。ITマネージャーがルールを曲げてくれるだろうという自分の期待通りに現実がいかなかったからだ。マーケットに対峙する際こういった感情の暴走をコントロールしなければならない。何事も修業だ。
lesson comments(6) trackbacks(0)
みんな考えよう
偉そうに言うのもなんだけど、前原国土交通大臣は、なかなか良いことをやろうとしていると思う。民主党のマニフェストに「羽田を国際ハブ空港にする」というのが載っていたかどうか、恥ずかしながら定かではないけれど、どう考えても成田じゃアカンと思う。

森田健作知事が「(成田の)地元住民の命をなんだと思っている。冗談じゃない!」と吠えていたけれど、もし利害関係がなかったら、彼だって羽田が良いと言うに決まっている。もしもその程度の常識すらないなら、お話にならない。

中止になりそうな建設中のダムや成田空港の関係者には、それぞれ何十年間の長きにわたる経緯があるのはわかるけれど、いまこそまさに“膿を出す”決意で、前原大臣、民主党にはまい進して欲しいと思う。国そのものが“沈没”しようかという瀬戸際に「おらが村だけは」などとこだわっていてもしょうがないだろう。

民主党が起こそうとしているパラダイムシフトは、国政レベルだけでなく、われわれひとりひとりにもよく考えるべきときなのだと言っている。

city
lesson comments(7) trackbacks(0)
登頂、断念
死ぬかと思った−−というのは半分冗談、半分マジ。

いま、中高年の間で空前の登山ブームだという。同世代の友人、知人も山登りが楽しいといい、いっしょにどう?とお誘いもいただく。しかし、運動としての山登りは非常にキツイ。同じ歩数でも平地の数倍のキツさ。中年太り対策としては悪くなさそうだけど、登ってまた降りてくるって、いったいどういうこと?とも思う。

関東平野はデッカイだけに近場では手ごろな高い山がほとんどない。ミシュラン三つ星の高尾山は標高599m。でも、一昨年の病後に登った際はけっこうキツかった。たった600mなどと甘く見ちゃアカン。

今日は神奈川県伊勢原市にある丹沢山系の大山(おおやま)に登ろうと試みた。標高1,252mってけっこう高くない?と思ったものの、バスとケーブルカーで半分くらいまで登れるので、残りはまあ高尾山くらいかな、と軽く考えていた。

大山ケーブル
しかし、中腹の阿夫利神社下社からの登りはめちゃめちゃキツかった。本気のクライマーにいわせれば、この程度は足慣らしなのかもしれないのだけれど。確かに、3,4歳くらいの子供も60歳を越えてそうなお爺さんお婆さんも杖を持って上り下りしているのだけれど…

阿夫利神社
登りだけで脚ががくがくになってしまい、たちまち下山が心配になってきた。しかも、登れば昇るほど霧が出てきて足下がすべる。さすが、雨降(あふ)り山ともいうだけのことはあるなあ、と感心する。

結局、8合目だか9合目だかで登頂を断念。勇気ある撤退だあ、などと考えながら下山する。すべりやすい登山道は一歩踏み違えると大けがしそうだし、登山ってやっぱり好きになれそうにない。断念した登山道の折り返し地点、くやしさもあり、写真に収めておく…

登山道
lesson comments(11) trackbacks(0)
防犯グッズ
台風一過で空気が入れ替わった感じ。確実に季節は進んでいるようだ−−とまあ、風情にひたっている場合ではない。持病のアレルギー性鼻炎が昨夜から発症。ハウスダストとともに春秋、季節の変わり目の数日間、激しい鼻炎症状に襲われる。

我慢ならず、朝から市販の鼻炎薬を服用すると、強い眠気の副作用が。その副作用を逆手にとった睡眠改善薬が大ヒットしたくらいで、日中ずっと家でうつらうつらしてしまう。

aircon
最近は、錠前メーカーMIWAの企業努力もあってか、ピッキングはあまりニュースに出てこなくなった。居所のマンションは一昨年サムターン回しで一度に7軒が被害に遭った。平日だったが、私は病後で家にいたので被害を免れたようだ。サムターン回しはドリルや特殊器具を使う大掛かりなもの。さっそく、MIWA製のサムターン回し防犯器具を付けた。

で、最近は、バールで錠前をこじ開けるという力技の手口に戻ってきているという。エレベーターで登る際、半数以上の家が付けている錠前のプレートがバール空き巣の防犯器具だというのを遅ればせながら知り、慌てて東急ハンズで防犯プレートを購入(2,520円也) 家電はマニュアルを読むのだが、こういう単純そうなのはついついマニュアルを読まないのだが、それがかえって失敗を招きやすい。日曜大工的作業は苦手だが、なんとか取り付け終えた。

それでも、運が悪ければ空き巣に遭うだろう。景気と犯罪率は反比例するといい、いまや犯罪率はうなぎ登り。まったく、困ったものだ。
lesson comments(4) trackbacks(0)
職住
超大型台風がちょうど朝の出勤時に来るというのでいつも以上にブルーな朝を迎えた。しかし、家を出ようかというころ、ちらほら青空が見え雨も止み、結局、傘はステッキ代わりにしかならなかった。

office
しかし、郊外と都心を結ぶ路線は強風で軒並み運転停止となり、出社の遅れた社員がいたり、取引業者の担当者などは東海道線に5時間も閉じこめられたという。職住が近くて良かったと思う。

考えてみれば、決して社数の多い業界ではないのに、これほど職住が近いなんてウソのようだ。これも何かの縁だったのだろう。まあ、だからといって固執するようなことでもない。

ほんとうにその仕事がスキなら、通勤に何時間かかろうが台風が来ようが、喜んで毎日、出勤するだろう。そんな気持ちになった覚えがあまりなく、もっぱら“パン”のみのために働き続けたサラリーマン人生だったと思う。まあ、いまさら後悔しても仕方がないのだけど。

新たな明日にワクワクしなくちゃ…
lesson comments(6) trackbacks(0)
| 1/21 | >>